20代から30代の方へ



秋色のキュートな町娘風コーディネート

素朴な絣柄辛子色平紬の羽織付きアンサンブル。
ザックリとした幾何学模様がお洒落な
かがり名古屋帯を合わせると、おきゃんな町娘風!
これで落語を聴きに寄席に行けば、ちょっと通に
見えるかも。
明るい色で光沢のある綸子の帯揚げと帯締めで
艶っぽさもプラスしました。



白の小物使いが映える
スッキリ洗練されたコーディネート


綺麗な瑠璃色がパッと目を引く平紬。
小花の丸紋柄も飛び柄なので可愛すぎず、
帯合わせもしやすので一枚持っていると重宝しそう。
裂き織り横段地織りのかがり名古屋帯で
こなれた感じの取り合わせです。
白で統一した小物使いでスッキリと洗練された雰囲気に。
彼にもお洒落してもらって、ビストロレストランで
デートはいかが。


リズミカルな遊び心たっぷりの
個性派コーディネート


きもの・帯、どちらも単品で見るとコーディネートに
悩んでしまう個性派ですが、組み合わせてみると
色柄共にバッチリ決まりました。
いわゆる普通の着こなしには飽き足らない、
少し変わった物をお探しの方に。
JAZZなどの音楽会、ギャラリー巡りなど
アートなイベントにいかがでしょうか
きっと注目の的になること間違いなし!
楽しく着こなして下さい。




40代から50代の方へ


秋色コーデにターコイズグリーンの
帯揚げをアクセントにしたコーディネート


年を重ねても長く着られそうな茶泥大島紬に
紅葉や銀杏を思わせる秋色尽くしの
かがり名古屋帯を合わせました。
高級織物として知られるつややかな質感の
大島紬であれば、少し金糸の入った帯も
良く合います。
ちらりと見えるターコイズグリーンの帯揚げが、この
コーディネートのポイント。
観劇や展覧会巡り、お食事会などのどんな
シチュエーションにも映える装いです。


大島紬を愛らしい染め帯で
カジュアルに楽しむコーディネート


濃紺に少しの色糸を織り出した本場藍泥大島紬には、
白の地あきの多い染め帯を。
なんともユーモラスで愛らしい犬柄に、
思わず微笑んでしまいます。
帯締め帯揚げはモノトーンで揃えて、
全体を引き締め慣れた雰囲気にまとめました。
気の置けない友人との集まりや、お芝居見物など
カジュアルシーンにぴったりです。




こっくりとした秋色のニュアンスを
楽しむコーディネート


少しフシのある金茶の紬地に、菊や桔梗・ススキなど
風情のある秋の草花を濡れ描きで丁寧に
重ね染めした付け下げきもの。
辛子色と深緑の配色がお洒落な生紬の染め帯を
合わせることで、きものの写実的な文様が一層
引き立ちます。
同窓会などのパーティーに、
あまり堅苦しくならずに着ていただけます。




50代から70代の方へ

艶やかな光沢のある
ドレッシーなコーディネート


艶感がありシックで深みのある鳩羽紫濃淡の
平紬付け下げきもの。
爽やかな秋風を思わせる斜め柄には
刺し子のような精緻な刺繍が施されています。
金糸がちらちらと煌く洒落袋帯を合わせると
控えめな光沢感が魅力的でドレッシーな雰囲気に
なりました。
軽いパーティーや、少しお洒落をして出かけたい
観劇などに。



草木染の美しい大島紬の
モダンなコーディネート


草木染の優しい色合いが美しい本場奄美大島紬(証書付き)。
縦ラインの小花柄がスッキリとした印象で、
くすんだラズベリー色に小花のワンポイントが染められた
八掛けも技ありのお洒落なきものです。
金茶に様々な秋の色を変わり市松柄に織り込んだ
洒落袋帯を合わせて、モダンで都会的な雰囲気に
仕上げました。
どんな秋のお出かけシーンにもしっくりと合うでしょう。


メリハリを効かせた藍色×茜色の
普段着コーディネート


シャリ感のある手触りが特徴の本場塩沢紬は、
紬好きならぜひ一枚もっておきたいもの。
藍色に麻の葉や有栖川文様のシンプルな柄で、
どんな帯にも合わせやすいきものですが
ここでは茜色の大きな柄を織り込んだかがり名古屋帯と
小粋なモノトーンの小物を合わせてみました。
メリハリを効かせた藍色×茜色の
間違いのない組み合わせ。
ショッピング
など日常のちょっとしたシーンにいろいろ
活躍できそうです。






ご意見、ご要望、商品の感想等を募集しております。
今後の参考に致しますので、お気軽にお寄せ下さい。







着物リサイクルかないや